Webサイト作成で準備するもの


さぁ、はじめよう!!

ほぼ初心者な私が、そろそろWeb制作の基本も理解しておいた方がいいかな?と思い、でも覚えなさそうなので、忘れてもいいように少しずつ書きまとめているものです。

 

スポンサーリンク

 

 準備するもの      
HTMLとCSSを始めるために準備するものは、「パソコン」「ブラウザ」「テキストエディタ」の3アイテムが揃えれば、最低限はOK!!

 パソコン 
デスクトップパソコンやノートパソコンといった、ご自身が持っている、または利用しているパソコン。

パソコンのOSは、WindowsMacのどちらでもOK。

 

 ブラウザ 
Windowsの標準ブラウザは、Internet Explorer、Windows 10の新標準ブラウザとして、Microsoft Edge
Mac OSの標準ブラウザは、Safari

それ以外にも、Google ChromeFirefoxOperaといった主要なブラウザがある。

Webブラウザとは

 

 テキストエディタ 
Webサイトは、HTMLCSSといった文字データで構成されたテキストファイルでできている。

それらを作成(コーディング)するために必要なのが、「テキストエディタ」といわれるソフトで、Windowsに標準搭載されている「メモ帳」や、Macに標準搭載されている「テキストエディット」など、OS標準のエディタでもHTMLやCSSを作成することができる。

それ以外にも、Windows向けのサクラエディタTera PadEm Editor や、Mac OS向けの Cot EditormiJedit などの無料アプリがある。

 

 プラス α      
さらに、作成したWebサイトをインターネットに公開することを考えているのであれば、「レンタルサーバ」やサーバへデータを転送するための「FTPソフト」などが必要になってくる。

 

 レンタルサーバー 
Webサイトを公開するためには、「webサーバー」と言われるスペースへ転送することが必要。

サーバーを自分で構築することも可能なのだが、かなり大変なので「webサーバー」を貸し出してる「レンタルサーバー」と契約するとよい。

レンタルサーバーとは

 

 ドメイン 
レンタルサーバーを利用するのには、インターネット上の住所にあたる「ドメイン」を取得する必要がある。

レンタルサーバーと契約する際に、ほぼ有料で「独自ドメイン」を取得することができる。

 

 FTPソフト 
File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略で、作成したWebサイトをインターネットで公開し、誰にでも閲覧できるように、データをWebサーバーにアップロードするために必要なソフト。

Windows・Macともに利用できるFile Zillaや、Windows用のFFFTP、Macで定番(Windowsでも使用可)のCyberduckなどのフリーソフトがある。

 

 必要に応じて      
 画像や音楽などの素材 
テキストだけの内容では、単調でちょっと寂しい。カッコイイ写真や可愛いイラスト、アイコンなどの画像を少し使うだけで、見栄えのいいWebサイトになる。

写真やイラスト、効果音などの素材を無料・有料で配布しているサイトや、Webサイトで使える素材集の本など、探してみればたくさんある。もちろん素材を自作して利用するのもあり。

 

 カメラ・デジカメ 
自分で撮った写真をWebサイトで公開したい場合にデジタルカメラなどのカメラが必要になる。携帯電話のカメラの画質も高性能になってきているので代用してもOK。

 

 画像編集ソフト 
Webサイトで利用する素材を作成したり、デジカメで撮影した写真を加工・修正するために、AdobeのIllustratorやPhotoshopなどの画像編集ソフトがあると便利。

Windowsに標準搭載されている「ペイント」や、GIMPなどのフリーソフトもある。

 

ほかにも音楽編集ソフトや映像編集ソフトなど、自分が作成したいWebサイトに合わせて必要なものを用意していこう。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

 

スポンサーリンク


 

カテゴリーWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA